コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夫隠る/妻隠る ツマゴモル

デジタル大辞泉の解説

つま‐ごも・る【隠る/妻隠る】

[動ラ四]夫婦、または雌雄が一緒にひきこもって住む。
「春日野(かすがの)にまだうら若きさいたづま―・るとも言ふ人やなき」〈玉葉集・春上〉

つま‐ごもる【隠る/妻隠る】

[枕]
地名「小佐保(をさほ)」にかかる。かかり方未詳。
「春日(はるひ)春日(かすが)を過ぎ―小佐保を過ぎ」〈武烈紀・歌謡〉
つまが物忌みのときにこもる屋の意から、「屋(や)」と同音をもつ地名「屋上の山」「矢野の神山」にかかる。
「―屋上(やかみ)の山の雲間より渡らふ月の」〈・一三五〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

夫隠る/妻隠るの関連キーワード雲間屋上雌雄

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android