コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物忌み ものいみ

大辞林 第三版の解説

ものいみ【物忌み】

( 名 ) スル
祭事において神を迎えるために、一定期間飲食や行為を慎み、不浄を避けて心身を清浄に保つこと。斎戒。斎忌。
占いや暦が凶であるときや夢見の悪いときなどに、家にこもって謹慎すること。 「御-と言ひてければ、人も通はず/源氏 東屋
のときにその標として柳の木の札や忍草などに「物忌」と書き、冠・簾に付けたもの。物忌みの札。 「烏帽子に-つけたるは/枕草子 33
昔、伊勢神宮をはじめ賀茂・春日・鹿島・香取などの諸大社で、忌みこもって神事にあたった童女・童男。
不吉であるとして物事を忌み避けること。 「武将の身として、夢見・-など余りにおめたり/保元 上・古活字本

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

物忌み
ものいみ

公事、神事などにあたって、一定期間飲食や行動を慎み、不浄を避けることをいう。潔斎斎戒。平安時代には陰陽道(おんみょうどう)により物忌みが多く行われ、貴族などは物忌み中はだいじな用務があっても外出することを控えた。物忌み中の人は家門を閉ざして、訪客がきても会わず、行事にも出席しない。家にあっても冠や髪に「物忌」の札をつけていた。夢見なども陰陽師がよくないというと物忌みをした。当時における公家(くげ)などの物忌み日数は1年間に1か月ぐらいに及んだ。また物忌みのため自家に忌み籠(こも)りするだけでなく、他の特定の場所に出かけることもあった。
 また、伊勢(いせ)神宮などの大社で、神事に参与する童男・童女を「物忌」とよんだ。鹿島(かしま)神宮では、7、8歳から12、3歳までの経水のない女子のうち、「物忌」役は亀甲(きっこう)を灼(や)いて亀卜(きぼく)により定めたという。伊勢神宮や出雲(いずも)大社はもちろん、山形県の鳥海(ちょうかい)山大物忌神社などは厳重な物忌みで知られている。富士山麓(さんろく)「吉田の火祭り」は北口本宮冨士浅間(せんげん)神社の祭礼であるが、忌中の氏子は自家を離れて一定の場所に外泊し、祭りの主要行事の済むのを待つという不文律がある。沖縄県宮古(みやこ)島に「ンナフカ」という豊作をもたらす神を迎える神事があるが、その物忌みは厳しく、かつては祭りの日には人も牛馬も外出せず、明りもつけず声もたてなかった。祭りを行う巫女(みこ)は以前は断食して神を迎えたといわれている。「ンナフカ」とは仮死の意で、人間の活力が一時停止した状態をいう。[大藤時彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

物忌みの関連キーワード夫籠る・妻籠る・夫篭る・妻篭る・夫籠もる・妻籠もる霜月祭り・霜月祭御忌祭り・御忌祭掛け帯・掛帯卯月の忌み青摺りの衣鎖し籠もる清まはる氷の朔日大物忌み清まはり忌み違へ所を去るつい挿す女の家御忌祭夫隠る小忌衣忌籠祭木綿鬘

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android