コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奄美大島返還協定 あまみおおしまへんかんきょうてい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奄美大島返還協定
あまみおおしまへんかんきょうてい

1953年 12月 24日,日米間で署名された北部琉球列島の返還取決めた協定。奄美大島諸島はもと鹿児島県に所属,北部琉球列島という位置を占めているため,その返還が沖縄地域返還の突破口になるとみられていたもの。 53年8月8日,J.ダレス米国務長官は声明を発表し,必要な取決めが日本との間に結ばれ次第,アメリカは奄美大島諸島を返還しようと述べ,同年末協定が締結されるにいたった。同諸島は協定署名の翌 25日復帰した。協定は前文および本文9ヵ条より成り,復帰に伴う諸手続を規定している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

奄美大島返還協定の関連キーワード新藤兼人斎藤寅次郎マキノ雅広市川崑川島雄三野村芳太郎森一生単層日本自由党今井正

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android