コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奇叟異珍 きそう いちん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奇叟異珍 きそう-いちん

?-? 室町時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。南蛮の人といわれる。薩摩(さつま)(鹿児島県)金鐘(こんしょう)寺の了堂真覚(1330-99)の法をつぐ。能登(のと)(石川県)総持寺にのぼり,のち加賀(石川県)仏陀(ぶつだ)寺の住持をつとめた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone