コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈勿王 なもつおう Nae‐mul‐wang

1件 の用語解説(奈勿王の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

なもつおう【奈勿王 Nae‐mul‐wang】

?‐401?
朝鮮,新羅の王。在位355ころ‐401年ころ。新羅史上実在が確認される最初の王。その称号に従来の〈尼師今(にしきん)〉とともに新たに〈麻立干(まりつかん)〉を称して支配者集団のなかで頭角をあらわし,中国華北を統一した前秦に遣使している(377,382)。新羅は先進地域である高句麗の影響下にあったが,390年ごろから倭に服属して人質を送り,さらに倭軍の制圧をうけた。しかし高句麗の広開土王が倭に通じた百済を攻めて南進策をとると,400年高句麗に朝貢して臣従し,その軍を迎えて倭および加羅の勢力を退けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

奈勿王の関連キーワード箕子朝鮮新羅新羅琴真興王聖明王鶏林阿利斯等土師豊麻呂毛麻利叱智

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone