コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尼師今 にしきん nisagǔm; isagǔm

2件 の用語解説(尼師今の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尼師今
にしきん
nisagǔm; isagǔm

朝鮮,新羅の初期王号の一つ。第3~18代の王号。新羅語の漢字表記で,年長者,嗣王,継君,君主,始祖などと解釈されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

にしきん【尼師今】

朝鮮古代,新羅の伝説時代の王号。尼叱今,歯叱今,爾叱今,寐錦とも書き,ニスクムnis‐kum,ニトクムnit‐kumなどと読む。尼師今は王号として第3代儒理王(在位24‐57)から第16代訖解王(在位310‐356)ないし第18代実聖王(在位402‐417)まで使用された。ただし,王の俗称としては新羅末期まで使用されている。尼師今の原義は主君,国王,大王の意味と考えられているが,嗣王,継君の意味とする説もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の尼師今の言及

【麻立干】より

…朝鮮古代の新羅の王号。新羅の王号には居西干,次次雄,尼師今(にしきん),麻立干の4種がある。麻立干は,《三国遺事》では17代奈勿(なもつ)王(在位356‐402)から第22代智証王(在位500‐514)まで,《三国史記》では第19代訥祇(とつぎ)王(在位417‐458)からはじまり,王の称号は503年から使用したという。…

※「尼師今」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

尼師今の関連キーワード加羅新羅琴麻立干赫居世ゼルダの伝説 時のオカリナ阿利斯等土師豊麻呂毛麻利叱智金大問味鄒

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone