コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麻立干 まりかんmaripkan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

麻立干
まりかん
maripkan

朝鮮,新羅の初期王号の一つ。新羅語の漢字表記で,和白 (首長会議) で最上席につく者,長上,首などと解釈されている。新羅が部族連合から中央集権政治に移行する過程の王号とみられる。『三国遺事』によれば奈勿麻立干から智證麻立干にいたる6代 250年ほどにわたって使用されたという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まりつかん【麻立干】

朝鮮古代の新羅の王号。新羅の王号には居西干,次次雄,尼師今(にしきん),麻立干の4種がある。麻立干は,《三国遺事》では17代奈勿(なもつ)王(在位356‐402)から第22代智証王(在位500‐514)まで,《三国史記》では第19代訥祇(とつぎ)王(在位417‐458)からはじまり,王の称号は503年から使用したという。《秦書》には382年に新羅王楼寒(麻立干)の名がみえる。麻立干は尼師今と同様王の俗称で,新羅全期を通じて使用されたとみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の麻立干の言及

【和白】より

…和白の呼称がいつごろから始まったかは不明であるが,国事を決定するための会議は古くから行われていたとみてよい。おそらくその源流は,5世紀以前の麻立干(まりつかん)(王の称号)を中心とした合議制に求められるであろう。6世紀以降は有力貴族である大等階層によって構成され,その承認なしには王位継承もなしえなかったほどであったと考えられている。…

※「麻立干」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

麻立干の関連キーワード奈勿王法興王金大問

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android