コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈良・竹田遺跡 ならたけだいせき

知恵蔵の解説

奈良・竹田遺跡

奈良県明日香村小原で2006〜07年、7世紀後半(飛鳥時代)の建物7棟分以上の大規模な建造物群跡が見つかり、天武天皇の皇子である新田部皇子(にいたべのみこ、?〜735年)の邸宅跡との説が打ち出されている遺跡。現地は皇子の母を出した藤原(中臣)鎌足本拠地で、柿本人麻呂が皇子に贈った和歌にも登場する「八釣(やつり)」という地名の緩やかな丘陵地で、飛鳥中心部が望める景勝地にある。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

奈良・竹田遺跡の関連キーワード[各個指定]芸能部門ヘレン ミレン意匠テキサス大学アイスランドの要覧アイルランドの要覧アルゼンチンの要覧アルバニアの要覧イラクの要覧エストニアの要覧

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android