奏上(読み)ソウジョウ

  • そうじょう ‥ジャウ
  • そうじょう〔ジヤウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 天子に申し上げること。上奏。
※家伝(760頃)下「具条部内寺家便宜并財物、附使奏上、待後進止
※百丈清規抄(1462)四「長い語にして奏上したらばよからうぞ」 〔漢書‐蕭何伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の奏上の言及

【奏】より

…天皇に政治上のことで勅裁を仰ぐために,口頭または文書で上申すること。その行為を奏上,上奏,奏聞などといい,内密に奏することを内奏,密奏という。密奏は奏状を密封して奏する場合もある。…

※「奏上」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奏上の関連情報