上奏(読み)じょうそう

精選版 日本国語大辞典「上奏」の解説

じょう‐そう ジャウ‥【上奏】

〘名〙
① 意見や事情を天子に申し上げること。奏上。上表。
※続日本紀‐天平一七年(745)四月甲寅「、依巡察使上免天下諸国去年田租」 〔路温舒‐上書言宜尚徳緩刑文〕
② 旧憲法のもとで、帝国議会、会計検査院などの国家機関が、天皇に希望または意見を表示すること。
※大日本帝国憲法(明治二二年)(1889)四九条「両議院は各天皇に上奏することを得」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「上奏」の解説

じょう‐そう〔ジヤウ‐〕【上奏】

[名](スル)
天皇に意見や事情などを申し上げること。奏上。「民情上奏する」
明治憲法下で、官庁議院などが天皇に希望または意見を奏聞そうもんしたこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の上奏の言及

【奏】より

…天皇に政治上のことで勅裁を仰ぐために,口頭または文書で上申すること。その行為を奏上,上奏,奏聞などといい,内密に奏することを内奏,密奏という。密奏は奏状を密封して奏する場合もある。…

※「上奏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android