コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上奏 ジョウソウ

デジタル大辞泉の解説

じょう‐そう〔ジヤウ‐〕【上奏】

[名](スル)
天皇に意見や事情などを申し上げること。奏上。「民情を上奏する」
明治憲法下で、官庁議院などが天皇に希望または意見奏聞(そうもん)したこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうそう【上奏】

( 名 ) スル
天皇に意見・事情などを申し上げること。奏上。 「災害の状況を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の上奏の言及

【奏】より

…天皇に政治上のことで勅裁を仰ぐために,口頭または文書で上申すること。その行為を奏上,上奏,奏聞などといい,内密に奏することを内奏,密奏という。密奏は奏状を密封して奏する場合もある。…

※「上奏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

上奏の関連キーワード清朝の満州語公文書田中メモランダム不堪佃田の奏近衛上奏文御体の御占内閣大学士諮詢機関三善清行藤原緒嗣硃批諭旨通政使司出師の表侍従武官帷幄上奏革命勘文門下省顕戒論巡察使請印寿長

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上奏の関連情報