上奏(読み)ジョウソウ

大辞林 第三版の解説

じょうそう【上奏】

( 名 ) スル
天皇に意見・事情などを申し上げること。奏上。 「災害の状況を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じょう‐そう ジャウ‥【上奏】

〘名〙
① 意見や事情を天子に申し上げること。奏上。上表。
※続日本紀‐天平一七年(745)四月甲寅「詔、依巡察使上奏免天下諸国去年田租」 〔路温舒‐上書言宜尚徳緩刑文〕
② 旧憲法のもとで、帝国議会、会計検査院などの国家機関が、天皇に希望または意見を表示すること。
※大日本帝国憲法(明治二二年)(1889)四九条「両議院は各天皇に上することを得」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の上奏の言及

【奏】より

…天皇に政治上のことで勅裁を仰ぐために,口頭または文書で上申すること。その行為を奏上,上奏,奏聞などといい,内密に奏することを内奏,密奏という。密奏は奏状を密封して奏する場合もある。…

※「上奏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上奏の関連情報