コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

契情買虎之巻 ケイセイカイトラノマキ

デジタル大辞泉の解説

けいせいかいとらのまき〔ケイセイかひとらのまき〕【契情買虎之巻】

洒落本。1冊。田螺金魚(たにしきんぎょ)作。安永7年(1778)刊。遊女瀬川と客五郷との悲恋を描く。人情本の祖とされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けいせいかいとらのまき【契情買虎之巻】

洒落本。一冊。田螺金魚たにしきんぎよ作。1778年刊。鳥山検校が松葉屋瀬川を身請けした事件に取材した悲恋物。人情本の祖といわれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

契情買虎之巻の関連キーワード梅暮里谷峨おざりいす田螺金魚洒落本両吟千筋

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android