コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田螺金魚 たにしきんぎょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田螺金魚
たにしきんぎょ

江戸時代中期の洒落本作者。江戸神田の町医者の子。安永年間の洒落本としては異色の,真情描写の濃い『契情買 (けいせいかい) 虎之巻』 (1778) の作がある。ほかに『妓者 (げいしゃ) 呼子鳥』 (77) ,『一事千金』 (78) ,『十八大通百手枕』 (78) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

田螺金魚【たにしきんぎょ】

江戸時代の洒落(しやれ)本作者。生没年不詳。18世紀中〜後期に活躍。江戸神田の町医者鈴木位庵。代表作は《妓者(げいしゃ)呼子鳥》《契情買(けいせいかい)虎之巻》《十八大通百手枕》等。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田螺金魚 たにし-きんぎょ

?-? 江戸時代中期の戯作(げさく)者。
江戸神田の医師,鈴木位庵といわれる。代表作「妓者呼子鳥(げいしゃよぶこどり)」(安永6年(1777)刊),「契情買(けいせいかい)虎之巻」(7年刊)は,遊里を中心とする通と滑稽(こっけい)の写実的文学の洒落(しゃれ)本から,恋愛風俗をえがく人情本へうつる先駆けとなった。別号に田水金魚,茶にし金魚。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

田螺金魚

生年:生没年不詳
江戸中期の戯作者。別号に田水金魚,茶にし金魚がある。江戸神田白壁町住の医者で本名を鈴木位庵とする説があるが未詳。安永6~9(1777~80)の4年間にその作品の刊行が行われ,洒落本の作ばかり6点を数えるが,なかでも同7年刊の『契情買虎之巻』は当時の巷説に取材して,恋愛描写を主とし,演劇的な趣向や文章でまとめた,当時の洒落本としては極めて異色の当たり作であり,書型も中本型を用いて,寛政(1789~1801)以降に洒落本が人情本化するに際しては,その先駆的作品として尊重されている。<参考文献>鵜月洋「田にし金魚の研究」(『国文学研究』15号)

(中野三敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たにしきんぎょ【田螺金魚】

江戸後期の洒落本作者。生没年不詳。田水金魚,茶にし金魚とも号す。江戸神田白壁町居住の医者鈴木位庵。1777年(安永6)の処女作《妓者(げいしや)呼子鳥》は,実在の町芸者2人の名を借りて,1人の客との三角関係を描き,つづく《契情買(けいせいかい)虎之巻》(1778)は,盲人の高利貸鳥山検校が吉原松葉屋の瀬川を身請けした当時の話題に材を取り,遊里における恋愛真情を伝奇的構成によって脚色し,これらが後の人情本への展開の素地をつくった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たにしきんぎょ【田螺金魚】

江戸後期の洒落本作者。江戸神田の町医師鈴木位庵と伝える。1777年から80年までの間に、「契情買けいせいかい虎之巻」「妓者呼子鳥げいしやよぶこどり」などを著し、後の人情本に影響を与えた。生没年未詳。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

田螺金魚の関連キーワード蓬莱山人帰橋梅暮里谷峨

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android