コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

契約の櫃 けいやくのひつArk of the Covenant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

契約の櫃
けいやくのひつ
Ark of the Covenant

契約の箱,神の箱ともいう。古代ユダヤ人の伝承で,モーセが神から授かった十戒を記した2枚の石板を納めたと信じられている箱で,そのふたの上に「万軍の主の名がいます」と書かれ,神の現存の場とされていた。旧約聖書の『出エジプト記』によれば長さ約 110cm,幅,高さ各約 67cmで,長側面に金輪があり棒を通して持運ばれた。荒野での民族放浪や戦いのときに持出されたが,のちソロモンの神殿に安置され,バビロニア王ネブカドネザルが前 586年にエルサレムを破壊したとき失われたといわれる。キリスト教では聖母マリアが契約の櫃と呼ばれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

契約の櫃の関連キーワードキリアテ・ヤリムアシュドドケルビム神の座ダビデシオンアヒヤシロ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android