コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奕山 えきさん Yi-shan; I-shan

1件 の用語解説(奕山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奕山
えきさん
Yi-shan; I-shan

[生]?
[没]光緒4(1878)
中国,清末の宗室出身の官僚。満州 鑲藍旗の人。諡は荘簡。康煕帝の第 14子胤だいの5代の子孫。道光7 (1827) 年,カシュガル征討に従軍。同 15年イリ参賛大臣,同 18年イリ将軍,同 20年正白旗領侍衛内大臣,御前大臣。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の奕山の言及

【アヘン戦争】より

…C.エリオットは穿鼻(せんび)草約を提出し,琦善はこれに基づいて,アヘン賠償金600万元の支払い,広州貿易の回復,香港割譲などを含む穿鼻仮協定を結んだ。しかし,道光帝はこれを知るや琦善の帰京を命じ,代わって甥の御前侍衛内大臣奕山(えきさん)(1790‐1878),戸部尚書隆文,湖南提督楊芳(1770‐1846)を広州に派遣した。2月,虎門の戦に敗れ,虎門砲台を守る広東水師提督関天培(1780‐1841)が戦死した。…

※「奕山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

奕山の関連キーワード階乗Nエヌ三角数N末端残基Diaz de la Peña,N.Gerhaert van Leyden,N.Jānībeg KhānJānībek KhānPoliteia tōn Romaiōn

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone