コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛琿条約 あいぐんじょうやくAi-hui

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

愛琿条約
あいぐんじょうやく
Ai-hui

1858年 (清,咸豊8年4月) アムール河岸の愛琿 (現在の愛輝) で,ロシアと中国清朝との間に結ばれた条約。太平天国の乱やアロー戦争で清朝が苦しんでいるのに乗じ,東シベリア総督 N.N.ムラビヨフが,黒竜江将軍奕山 (えきさん) に迫って結んだもので,アムール川左岸をロシア領,ウスリー江以東沿海の地をロシアと清の共同管理と決めた。次いで 60年の北京条約で沿海の地もロシア領となり,アムール川流域からロシア人を締出したネルチンスク条約の効果はまったく失われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アイグン‐じょうやく〔‐デウヤク〕【愛琿条約】

1858年、中国黒竜江省の愛琿(現、愛輝(あいき))でロシアと清(しん)との間に結ばれた条約。ロシアは清に、黒竜江(アムール川)左岸の割譲松花江ウスリー川)以東を2国の共同管理地区とすることなどを認めさせた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

愛琿条約の関連キーワードムラビヨフ(Nikolay Nikolaevich Murav'yov中ロ国境画定の経緯イグナーチェフムラヴィヨーフ江東六十四屯中ソ国境紛争ゴルチャコフ東北振興

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android