コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥倉魚仙 おくぐら ぎょせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥倉魚仙 おくぐら-ぎょせん

?-1859 江戸時代後期の画家。
江戸神田で青物屋をいとなんでいたが,狩谷棭斎(かりや-えきさい)にみとめられ,魚の精密写生にうちこむ。安政2-4年に「水族写真鯛(たい)部」などを自費出版した。安政6年8月12日死去。名は辰行。字(あざな)は子園。通称は甲賀屋長右衛門。著作はほかに「魚仙水族写真」「水族写真説」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

奥倉魚仙の関連キーワードビラフランカの和議余計者光の科学史インド大反乱川本幸民岡田普理衛ゼーバッハデカルソンデントンヘットナー

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android