コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥倉魚仙 おくぐら ぎょせん

1件 の用語解説(奥倉魚仙の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥倉魚仙 おくぐら-ぎょせん

?-1859 江戸時代後期の画家。
江戸神田で青物屋をいとなんでいたが,狩谷棭斎(かりや-えきさい)にみとめられ,魚の精密写生にうちこむ。安政2-4年に「水族写真鯛(たい)部」などを自費出版した。安政6年8月12日死去。名は辰行。字(あざな)は子園。通称は甲賀屋長右衛門。著作はほかに「魚仙水族写真」「水族写真説」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

奥倉魚仙の関連キーワード光の科学史シーボルト難波抱節地向斜マジェンタの戦いの後のイタリア陣営岸沢式佐種の起源コムスン春一番点字

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone