コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥山の オクヤマノ

デジタル大辞泉の解説

おくやま‐の【奥山の】

[枕]奥山に生える意から「まき」「たつき」にかかる。
「―真木の板戸を」〈・三四六七〉
「―たつきも知らぬ」〈金槐集

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おくやまの【奥山の】

( 枕詞 )
奥山に産することから、「真木まき」にかかる。 「 -真木の板戸を押し開き/万葉集 2519

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

奥山のの関連キーワード新門辰五郎(しんもんたつごろう)伝法(無料見物・無銭飲食)杵屋正次郎(杵屋正治郎)杵屋正次郎(1世)歌川芳艶(初代)えりくりえんじょ奥浜名湖竜神豚野生動物専門医天保六花撰物伊良波 尹吉真木・槙・柀因島(島)玉城 盛義賀茂別雷命後鳥羽天皇木の葉隠る鬼(おに)伊良波尹吉沖縄文学藤原関雄

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奥山のの関連情報