奥村徳義(読み)おくむら のりよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥村徳義 おくむら-のりよし

1793-1862 江戸時代後期の武士。
寛政5年8月18日生まれ。尾張(おわり)名古屋藩士。文化2年普請方となる。文政年間から名古屋城の研究をはじめ,30年以上かけて「金城温古録」を完成させた。文久2年7月25日死去。70歳。初名正房。号は松濤。名は得義ともかく。著作はほかに「松濤棹筆」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android