コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名古屋城 なごやじょう

8件 の用語解説(名古屋城の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

名古屋城
なごやじょう

名古屋市中区にある城。ここはもとは那古屋,那古野とも書き,今川氏が大永年間 (1521~28) に那古野城を築いたが,天文4 (35) 年織田氏に占拠されてのち廃城となった。その後,徳川家康が慶長 14 (1609) 年豊臣氏恩顧の西国大名に命じ築城し,以来尾張徳川家の居城となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

名古屋城

徳川家康の命で1610年に築城を始め、2年後に5層5階、石垣上の高さ約36メートルの天守閣が完成。1930年、国宝に指定された。45年5月、米軍の空襲によって天守閣が焼失。終戦後の59年にコンクリート製で再建された。

(2016-06-28 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なごや‐じょう〔‐ジヤウ〕【名古屋城】

名古屋市中区にある城。慶長15年(1610)徳川家康が築いた典型的な平城(ひらじろ)。同17年に完成した天守は加藤清正の造営で、大棟上の金の鯱(しゃちほこ)は有名。天守下の本丸殿舎とともに太平洋戦争で焼失、戦後復元。狩野探幽(かのうたんゆう)らの手になる襖絵(ふすまえ)が戦災をまぬがれ、宝物館に保存されている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

名古屋城【なごやじょう】

愛知県名古屋市中区にあった城。徳川家康がその子義直の居城として1610年着工し1614年完成,以後尾張(おわり)名古屋藩徳川家16代の居城となった。小堀遠州(こぼりえんしゅう)が作事(さくじ)奉行として建築に従事(天守の石垣のみは加藤清正が工事)。
→関連項目愛知[県]加藤清正中[区]名古屋[市]平城

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

なごやじょう【名古屋城】

名古屋市中区に所在。1521年(大永1)今川氏豊が現名古屋城二の丸付近に城を築き,那古野(なごや)城と呼ばれ,その後,織田信秀・信長の居城となったが,信長が尾張支配の拠点を清須(清洲)城に移すに及んで,一時廃城となった。関ヶ原の戦後,徳川家康は福島正則を改易し,尾張に第4子松平忠吉を封じたが,1607年(慶長12)忠吉は急逝,かわって第9子徳川義直をその後継とした。しかし清洲は狭隘(きようあい)で水害の危険が多く,新たに交通の要地でまた要害の地でもあった那古野が選ばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

なごやじょう【名古屋城】

名古屋市中区にある城。大永年間(1521~1528)に今川氏が同地に那古野城を築き、のち織田信長が拠るが、同氏が清洲に移ったため廃城。現在の城は1609~14年、徳川家康の命により諸大名が築いたもので、天守の金の鯱しやちにより、金城と称された。尾張徳川家の居城。本丸の障壁画、桃山時代の庭園のほか、堀・石垣などが現存。天守は復元された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の城がわかる事典の解説

なごやじょう【名古屋城】

愛知県名古屋市中区から北区にかけてあった江戸時代の平城(ひらじろ)。大坂城(大阪市)、熊本城(熊本県熊本市)とともに日本三名城に数えられる。日本城郭協会選定による「日本100名城」の一つ。徳川家康がかつて今川・織田氏に属した那古野城(名古屋市中区)の跡地周辺に九男徳川義直(初代尾張藩主)のために築いた城郭である。その前身となった那古野城は織田信秀・信長の2代にわたって織田氏の居城となったが、織田信長が1555年(弘治1)に清洲城(清須市)に居城を移したために廃城となった。その後の尾張の中心は清洲城で、関ヶ原の戦いの後、安芸に転封した福島正則に代わって家康の四男松平忠吉が入城し、間もなく忠吉が病没すると家康九男の徳川義直が入城して尾張藩の初代藩主となった。家康は1609年(慶長14)に、清洲城に代わる義直の居城として那古野城跡に城を築くことを決め、1610年(慶長15)に西国諸大名に助役を命じて、天下普請として建設が始まったのが名古屋城である。1612年(慶長17)には大天守が完成して、清洲の城下から城下町の移転が進められ、1616年(元和2)には義直は清洲城から名古屋城へ居城を移した。以後、明治維新に至るまで尾張徳川家の居城、尾張藩の藩庁が置かれる城となった。明治維新後、尾張藩14代藩主の徳川慶勝は新政府に城の破却と金鯱の献上を申し出たが、山縣有朋が城郭の保存を決めて天守は本丸御殿とともに保存されることになった。1872年(明治6)に、城内に東京鎮台第三分営(のちの名古屋鎮台、第三師団)が置かれた後も城の建造物は保存された。1891年(明治24)の濃尾大地震で本丸の西南隅櫓(すみやぐら)や多聞櫓の一部が倒壊したものの、大小天守や櫓、本丸御殿などが第二次世界大戦中まで残った。しかし、1945年(昭和20)の名古屋大空襲で、天守群と御殿を焼失(米軍による誤爆といわれている)。戦後の1959年(昭和34)に天守などが再建・復元されて今日に至っている。三の丸を除く城址およびその北東の当時の低湿地部分が名城公園として整備され、公園内には戦災を免れた3つの櫓と3つの門、二の丸庭園の一部が現存し、保存されているほか、旧三の丸を含めて、土塁・堀・門の桝形などの遺構が比較的良好な状態で現存している。また、戦災により焼失した本丸御殿の復元も2008年(平成20)に着工し、2022年の竣工を目指して建設が進められている。名古屋市営地下鉄名城線市役所駅から徒歩約5分、または同鶴舞線浅間町駅から徒歩約15分、または名鉄瀬戸線東大手駅から徒歩約15分。◇金鯱城、金城、柳城、亀屋城、蓬左城ともよばれる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

名古屋城
なごやじょう

戦国期~江戸期の城。名古屋市中区本丸(ほんまる)にあり、天守閣の鯱鉾(しゃちほこ)が青銅の鋳物に薄い金板を張っていることから金鯱(きんこ)城ともいう。城は名古屋台地の北西隅、台地が北方の低湿地へ突き出た丘陵の突端を利用して築かれた平城(ひらじろ)である。名古屋は古くは那古屋と書かれ、戦国期の城は那古屋城である。位置は江戸期名古屋城の二の丸一帯とされている。戦国期那古屋城を築いたのは駿河(するが)の戦国大名今川氏親(うじちか)で、大永(たいえい)年間(1521~28)に末子氏豊(うじとよ)を置いたのが初めといわれる。氏豊は織田信秀(のぶひで)に城を奪われ、信秀は生後まもない吉法師(きちぼうし)(信長)をこの城に置いていたが、1555年(弘治1)信長が城を清洲(きよす)(西春日井(かすがい)郡)に移すとともに廃城となった。のち1607年(慶長12)徳川家康の9子義直(よしなお)が清洲城に入ったが、清洲城が城地狭く、また水害のおそれがあったことから新たに城を築くことになり、選ばれたのが戦国期那古屋城の場所であった。1610年家康は豊臣(とよとみ)恩顧の大名20人に名古屋城の手伝い普請(ふしん)を命じた。城は西と北の二面に高い石垣を築いて堀を巡らし、東と南には深い空堀を設け、内側に高い土塁を築き、入口に桝(ます)形をつくり楼門が設けられている。本丸、二の丸、三の丸、西の丸、御深井丸に分かれ、本丸にはさらに深い空堀を巡らせている。天守閣は1612年にできあがったが、二の丸御殿までを含めての完成ということになると、大坂冬の陣・夏の陣を挟んで1620年(元和6)ころまで大掛りな工事が進められたことになる。名古屋城がこのように豪壮なのは、家康の子の居城であるというだけでなく、大坂方への備えとして築かれたことを示している。尾張(おわり)徳川家は61万石余を領し、徳川御三家の一つとして義直から16代義宜(よしのり)まで続いて明治維新に至った。
 本丸西北の天守台に築かれた天守閣は五層五重、穴蔵一重で、小堀政一(まさかず)を作事奉行(さくじぶぎょう)、中井正清(まさきよ)を大工棟梁(だいくとうりょう)とし、さらに大工頭に岡部又右衛門(またえもん)、天守台石垣は加藤清正(きよまさ)という当代一流の築城家の手になるものであった。この大天守と小天守の連結式天守閣は、内部の144面に及ぶ障壁画とともに1945年(昭和20)の空襲によって焼失してしまった。焼失を免れたのは西南隅櫓(すみやぐら)、東南隅櫓、西北隅櫓(清須櫓)、表二の門、東鉄(くろがね)門、西鉄門のみである。
 現在の天守閣は1959年(昭和34)鉄筋コンクリートにより復原されたものである。[小和田哲男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の名古屋城の言及

【尾張国】より

…米産に努力がはらわれたことは1737年(元文2)調査の稲品種が早稲77,中稲109,晩稲154の多数に及んでいることで首肯できる。1614年開設の下小田井(西枇杷島町)の日市は名古屋城下への青物供給市場であり,近郊農村の商品蔬菜栽培を盛んにし尾張大根切干しは江戸・大坂にも出荷した。代表的な産業は畑作中心の尾西地方の綿作の普及と縞木綿(尾西織物)の生産である。…

※「名古屋城」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

名古屋城の関連キーワード愛知県名古屋市中区葵愛知県名古屋市中区金山愛知県名古屋市中区金山町愛知県名古屋市中区三の丸愛知県名古屋市中区橘愛知県名古屋市中区錦愛知県名古屋市中区平和愛知県名古屋市中区正木愛知県名古屋市中区丸の内愛知県名古屋市中区門前町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

名古屋城の関連情報