コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥田鶯谷 おくだ おうこく

1件 の用語解説(奥田鶯谷の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥田鶯谷 おくだ-おうこく

1760-1831* 江戸時代中期-後期の儒者。
宝暦10年5月22日生まれ。岡田新川にまなび,詩を得意とした。文化元年尾張(おわり)名古屋藩校明倫堂教授となり,のち右筆(ゆうひつ)組頭にすすんだ。文政13年11月18日死去。71歳。尾張出身。名は永業。字(あざな)は叔建。通称は与三郎。別号に牧斎。著作に「牧斎随身巻」「釈辞」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

奥田鶯谷の関連キーワード山県周南前古典派音楽葛飾北斎木津宗詮ゴローニンメイランペドロCOE十勝川西長いもすみだ北斎美術館

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone