コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山県周南 やまがた しゅうなん

美術人名辞典の解説

山県周南

江戸中期の儒者周防生。名は孝孺、字は次公、周南は号。父良斎は長門藩の儒者。荻生狙徠門下生。正徳3年の韓使来聘の際活躍、明倫館にも多大の貢献をする。著書多数。宝暦2年(1752)歿、66才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山県周南 やまがた-しゅうなん

1687-1752 江戸時代中期の儒者。
貞享(じょうきょう)4年5月3日生まれ。山県良斎の次男。荻生徂徠(おぎゅう-そらい)初期の門人享保(きょうほう)2年長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩主毛利吉元侍講となる。藩校明倫館の創設につくし,2代学頭に就任。徂徠学をひろめた。宝暦2年8月12日死去。66歳。周防(すおう)(山口県)出身。名は孝孺(こうじゅ)。字(あざな)は次公。通称は少助。著作に「作文初問」「為学初問」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

山県周南

没年:宝暦2.8.12(1752.9.19)
生年:貞享4(1687)
江戸中期の古文辞学派の儒者。名は孝孺,字は次公,通称は少助。長州(萩)藩士山県良斎の次男。周防の国の南部に生まれたので,周南と自ら号した。宝永2(1705)年19歳のときに江戸に出て荻生徂徠に師事する。3年の業なって萩に戻り,享保2(1717)年毛利吉元・宗広父子の侍講となる。元文2(1737)年,藩校明倫館の2代目祭酒に就任し,徂徠学を長州に広めた。詩文に秀で,正徳1(1711)年の朝鮮通信使との詩文の応酬で名を天下にとどろかせた。奇癖の人が少なくない徂徠門下にあっては,まれにみる温厚篤実な常識人であった。著書に『周南文集』『為学初問』『講学日記』『作文初問』などがある。<参考文献>藤井明,久富木成大『山井崑崙 山県周南』(日本の思想家18巻)

(小島康敬)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やまがたしゅうなん【山県周南】

1687‐1752(貞享4‐宝暦2)
江戸中期の儒学者。名は孝孺,字は次公,通称は少助,周南は号。父良斎は長州藩士で儒者。19歳で江戸に出,荻生徂徠に入門し,古文辞学を学ぶ。徂徠初期の弟子として,安藤東野と併称された。3年後,帰省し,やがて父の跡を継いで藩儒となる。藩学明倫館の創設に尽力し,のちその長である祭酒の地位につく。著書は《作文初問》(1755),《為学初問》(1760),《周南先生文集》(1760)など。【三宅 正彦】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山県周南
やまがたしゅうなん

[生]貞享4(1687).周防
[没]宝暦2(1752).8.12.
江戸時代中期の古文辞学派の儒学者。名は孝孺,字は次孝。通称は少助。周南は号。父は長州藩儒官山県長白。 19歳のとき江戸に出て荻生徂徠の門に入り,安藤東野と並び称された。長州藩に帰り,儒官として仕え,藩主の侍読となった。また藩校明倫館の創立に尽した。著書『為学初問』『講学日記』『周南詩文集』など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山県周南
やまがたしゅうなん
(1687―1752)

江戸中期の儒者。名は孝孺(こうじゅ)、字(あざな)は次公、通称は少助。周南は号。貞享(じょうきょう)4年長州藩儒長白(ちょうはく)(良斎、1648―1728)の子として生まれる。1705年(宝永2)江戸に出て荻生徂徠(おぎゅうそらい)に入門、古文辞(こぶんじ)学を学ぶ。3年後、帰国して藩儒となり、藩学明倫館(めいりんかん)の創設に尽力した。1737年(元文2)その長である祭酒(さいしゅ)となる。宝暦(ほうれき)2年8月12日没、66歳。周防(すおう)国都濃(つの)郡須々万村(山口県周南(しゅうなん)市)の曹洞(そうとう)宗保福寺に葬られる。著書に『為学初問』(1760)『作文初問』『周南先生文集』(1760)などがある。[三宅正彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

山県周南 (やまがたしゅうなん)

生年月日:1687年5月3日
江戸時代中期の古文辞学派の儒者
1752年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

山県周南の関連キーワード【けん】園社永富独嘯庵小田村鄜山山県太華由美原泉蘐園学派生年月日波多守節三浦瓶山山県洙川小倉宗爾山県棠園山根華陽亀井南溟林東溟滝鶴台

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android