山県周南(読み)やまがた しゅうなん

  • 1687―1752
  • やまがたしゅうなん
  • 山県周南 (やまがたしゅうなん)
  • 山県周南 やまがた-しゅうなん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1687-1752 江戸時代中期の儒者。
貞享(じょうきょう)4年5月3日生まれ。山県良斎次男荻生徂徠(おぎゅう-そらい)初期の門人享保(きょうほう)2年長門(ながと)(山口県)(はぎ)藩主毛利吉元の侍講となる。藩校明倫館の創設につくし,2代学頭に就任徂徠学をひろめた。宝暦2年8月12日死去。66歳。周防(すおう)(山口県)出身。名は孝孺(こうじゅ)。字(あざな)は次公。通称は少助。著作に「作文初問」「為学初問」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

没年:宝暦2.8.12(1752.9.19)
生年:貞享4(1687)
江戸中期の古文辞学派の儒者。名は孝孺,字は次公,通称は少助。長州(萩)藩士山県良斎の次男。周防の国の南部に生まれたので,周南と自ら号した。宝永2(1705)年19歳のときに江戸に出て荻生徂徠に師事する。3年の業なって萩に戻り,享保2(1717)年毛利吉元・宗広父子の侍講となる。元文2(1737)年,藩校明倫館の2代目祭酒に就任し,徂徠学を長州に広めた。詩文に秀で,正徳1(1711)年の朝鮮通信使との詩文の応酬で名を天下にとどろかせた。奇癖の人が少なくない徂徠門下にあっては,まれにみる温厚篤実な常識人であった。著書に『周南文集』『為学初問』『講学日記』『作文初問』などがある。<参考文献>藤井明,久富木成大『山井崑崙 山県周南』(日本の思想家18巻)

(小島康敬)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

1687‐1752(貞享4‐宝暦2)
江戸中期の儒学者。名は孝孺,字は次公,通称は少助,周南は号。父良斎は長州藩士で儒者。19歳で江戸に出,荻生徂徠に入門し,古文辞学を学ぶ。徂徠初期の弟子として,安藤東野と併称された。3年後,帰省し,やがて父の跡を継いで藩儒となる。藩学明倫館の創設に尽力し,のちその長である祭酒の地位につく。著書は《作文初問》(1755),《為学初問》(1760),《周南先生文集》(1760)など。【三宅 正彦】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]貞享4(1687).周防
[没]宝暦2(1752).8.12.
江戸時代中期の古文辞学派の儒学者。名は孝孺,字は次孝。通称は少助。周南は号。父は長州藩儒官山県長白。 19歳のとき江戸に出て荻生徂徠の門に入り,安藤東野と並び称された。長州藩に帰り,儒官として仕え,藩主の侍読となった。また藩校明倫館の創立に尽した。著書『為学初問』『講学日記』『周南詩文集』など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江戸中期の儒者。名は孝孺(こうじゅ)、字(あざな)は次公、通称は少助。周南は号。貞享(じょうきょう)4年長州藩儒長白(ちょうはく)(良斎、1648―1728)の子として生まれる。1705年(宝永2)江戸に出て荻生徂徠(おぎゅうそらい)に入門、古文辞(こぶんじ)学を学ぶ。3年後、帰国して藩儒となり、藩学明倫館(めいりんかん)の創設に尽力した。1737年(元文2)その長である祭酒(さいしゅ)となる。宝暦(ほうれき)2年8月12日没、66歳。周防(すおう)国都濃(つの)郡須々万村(山口県周南(しゅうなん)市)の曹洞(そうとう)宗保福寺に葬られる。著書に『為学初問』(1760)『作文初問』『周南先生文集』(1760)などがある。[三宅正彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1687年5月3日
江戸時代中期の古文辞学派の儒者
1752年

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

江戸中期の儒者。長州の人。名は孝儒、字は次公。父良斎は長州藩儒。荻生徂徠に師事。藩主毛利吉元の侍読となり、正徳二年(一七一二)、朝鮮通信使との応酬で文名を挙げ、藩主に信任されて藩校明倫館の創立に尽力。学問は師説をもっぱら祖述した。著「為学初問」「作文初問」「周南先生文集」など。貞享四~宝暦二年(一六八七‐一七五二

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android