奥魯(読み)おうろ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奥魯
おうろ

モンゴル語アウルク aghurughの漢字音訳とされるのが普通であるが,チュルク語 aul (集落) の音訳とする説もある。アウルクとは,壮丁が戦争に出ている間に,その家族や家畜が構成する本拠であるが,12世紀以後のモンゴルの発展時代には,遠征に伴って軍隊の後方をアウルクも移動するようになった。元朝の中国では,モンゴル人など遊牧民が内地にも牧地をもち,そこをアウルクとして,よそへ出動している軍隊への補給,兵員の補充などを行うようになり,兵站基地化した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android