コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女史箴図巻 じょししんずかんNü-shi-zhen-tu-juan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

女史箴図巻
じょししんずかん
Nü-shi-zhen-tu-juan

中国,西晋張華撰の『女史箴』を,宮廷に仕える女性への勧戒の目的をもって図示した,顧 愷之 (こがいし) 筆の伝称をもつ図巻。大英博物館蔵。現在9場面より成るがもと 11図あり,初めの2図と現行第1図の詞書北宋時代にはすでに失われていた。作者を顧 愷之とする伝称も北宋末期に付されたもの。繊細な描線や,ことに第3図の山水図は六朝時代の様式を強く示すと思われるが,衣のぼかしなどには初唐の特徴もみられることから,本図巻を六朝時代の作品の初唐模本とする説が有力である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

女史箴図巻の関連キーワード漢・魏・晋・南北朝の美術小林 古径小林古径前田青邨風俗画顧愷之

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android