初唐(読み)しょとう

精選版 日本国語大辞典「初唐」の解説

しょ‐とう ‥タウ【初唐】

中国の唐代(六一八‐九〇七)を四分した第一の時期の称。高祖武徳元年(六一八)から玄宗即位の前年(七一一)まで。先天元年(七一二)から永泰元年(七六五)までを盛唐、大暦元年(七六六)から宝暦二年(八二六)までを中唐、太和元年(八二七)から唐の滅亡(九〇七)までを晩唐と称するのに対する。特に唐詩の時代区分として用いられ、近体詩が沈佺期・宋之問などにより完成され、王勃、楊炯、盧照鄰、駱賓王、陳子昂などが出現した時代。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「初唐」の解説

しょ‐とう〔‐タウ〕【初唐】

中国、代の文学史を4期に区分した、その第1期。唐初の618年から、玄宗の即位前年(712)までの約100年。前代の南朝風の繊弱な宮廷詩の影響も残るが、律詩の定型が完成され、次の盛唐期を準備した。詩人に、初唐四傑と称される王勃(おうぼつ)楊炯(ようけい)盧照鄰(ろしょうりん)・駱賓王(らくひんのう)らがいる。→盛唐中唐晩唐

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android