コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女四書 オンナシショ

2件 の用語解説(女四書の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おんな‐ししょ〔をんな‐〕【女四書】

女性のための教訓書4種を集めたもの。
江戸前期に辻原元甫(つじはらげんぽ)が和訳した「女誡(じょかい)」「女論語」「内訓」「女孝経」の4種。明暦2年(1656)刊。
中国、清代に王晋升(おうしんしょう)(王相)が編修した「女誡」「女論語」「内訓」「女範」の4種。康熙(こうき)年間(1662~1722)成立。のちに、西坂天錫(にしざかてんしゃく)が和訳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おんなししょ【女四書】

辻原元甫つじはらもとすけが編した女性向けの訓戒書。七巻。1656年刊。「女誡じよかい」(後漢の曹大家著)、「女孝経」(唐の陳邈ちんばくの妻、鄭てい氏著)、「女論語」(唐の宋若莘そうじやくしん著)、「内訓」(明の永楽帝の仁孝文皇后著)の四書を集めて、和訳したもの。
中国、清の康熙こうき年間に王相おうしようが編纂した女子のための教訓書。四巻。「女誡」「女論語」「内訓」に、自分の母、劉りゆう氏著「女範」を加えて注をつけたもの。江戸末期に西坂天錫てんしやくが和訳。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

女四書の関連キーワード百首歌益軒十訓女今川歌集四教女訓童子訓寄集め類林女訓抄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone