コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女四書 オンナシショ

デジタル大辞泉の解説

おんな‐ししょ〔をんな‐〕【女四書】

女性のための教訓書4種を集めたもの。
江戸前期に辻原元甫(つじはらげんぽ)が和訳した「女誡(じょかい)」「女論語」「内訓」「女孝経」の4種。明暦2年(1656)刊。
中国、清代に王晋升(おうしんしょう)(王相)が編修した「女誡」「女論語」「内訓」「女範」の4種。康熙(こうき)年間(1662~1722)成立。のちに、西坂天錫(にしざかてんしゃく)が和訳。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おんなししょ【女四書】

辻原元甫つじはらもとすけが編した女性向けの訓戒書。七巻。1656年刊。「女誡じよかい」(後漢の曹大家著)、「女孝経」(唐の陳邈ちんばくの妻、鄭てい氏著)、「女論語」(唐の宋若莘そうじやくしん著)、「内訓」(明の永楽帝の仁孝文皇后著)の四書を集めて、和訳したもの。
中国、清の康熙こうき年間に王相おうしようが編纂した女子のための教訓書。四巻。「女誡」「女論語」「内訓」に、自分の母、劉りゆう氏著「女範」を加えて注をつけたもの。江戸末期に西坂天錫てんしやくが和訳。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

女四書の関連キーワード女四書(おんなししょ)女四書(じょししょ)大高坂維佐子棚橋 絢子若江薫子辻原元甫永楽帝班昭