コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女寺 オンナデラ

デジタル大辞泉の解説

おんな‐でら〔をんな‐〕【女寺】

尼寺のこと。
江戸時代、女児を教えた寺子屋。また、師匠が女の子屋。
「―へもやらずして筆の道を教へ」〈浮・永代蔵・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おんなでら【女寺】

尼寺。
江戸時代、女性の師匠が女児だけを集めて教育した寺子屋。 「 -へも遣らずして筆の道を教へ/浮世草子・永代蔵 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の女寺の言及

【家筋】より

…この場合家族成員のそれぞれがどのように特定の寺にかかわるかには次のようないくつかの型がある。(1)子どもたちは父親と同じ寺に属し,嫁(母)は実家の寺に帰属する型,(2)一つの家族で男寺と女寺にわかれている型,(3)男の子どものみが父親と同じ寺に属し,これと別に嫁(母)の寺がある型,(4)父の寺と母の寺が別々にあり,子どもは二者択一的な選択が可能な型など。一家一寺の単檀家制であれば父系的(父性的)な家筋が貫徹されるが,複檀家制においてはいずれの場合においても父子関係のみならず母子関係も重要な意味をもっているから,親子関係のレベルにおいては双性的な筋が形成されることになる。…

※「女寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

女寺の関連キーワードスーチョワン(四川)中部油田浮世草子針妙

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android