コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女性性器結核 じょせいせいきけっかく

家庭医学館の解説

じょせいせいきけっかく【女性性器結核】

 結核の治療法の著しい進歩によって、肺結核は減少しており、結核の二次的発症である女性性器結核も明らかに減少しています。
 女性性器結核のおもな感染経路は、肺の病巣(びょうそう)から卵管(らんかん)への血行性感染です。
 結核は、結核結節(けっかくけっせつ)と呼ばれる病巣をつくり、滲出性(しんしゅつせい)病変と増殖性(ぞうしょくせい)病変とを形成しながら、しだいに周囲の組織と癒着(ゆちゃく)していきます。このため、卵管の狭窄(きょうさく)や癒着がおこり、また、卵管に腫瘤(しゅりゅう)(こぶ)や高度の癒着が生じて、不妊症、下腹部痛、腰痛、卵管腫瘤などの症状がみられるようになります。
 しかし、女性性器結核は、ほとんどが自覚症状がないままに経過するので、診断がむずかしいことも多く、不妊症の検査を受けて発見されることもあります。
 治療は、抗結核薬療法を行ないます。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android