コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女性性器結核 じょせいせいきけっかく

1件 の用語解説(女性性器結核の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

じょせいせいきけっかく【女性性器結核】

 結核の治療法の著しい進歩によって、肺結核は減少しており、結核の二次的発症である女性性器結核明らかに減少しています。
 女性性器結核のおもな感染経路は、肺の病巣(びょうそう)から卵管(らんかん)への血行性感染です。
 結核は、結核結節(けっかくけっせつ)と呼ばれる病巣をつくり、滲出性(しんしゅつせい)病変と増殖性(ぞうしょくせい)病変とを形成しながら、しだいに周囲の組織と癒着(ゆちゃく)していきます。このため、卵管の狭窄(きょうさく)や癒着がおこり、また、卵管に腫瘤(しゅりゅう)(こぶ)や高度の癒着が生じて、不妊症下腹部痛、腰痛、卵管腫瘤などの症状がみられるようになります。
 しかし、女性性器結核は、ほとんどが自覚症状がないままに経過するので、診断がむずかしいことも多く、不妊症の検査を受けて発見されることもあります。
 治療は、抗結核薬療法を行ないます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

女性性器結核の関連キーワード水治療法腸結核肺結核物理療法肺尖カタル人工気胸大気療法精神科学療法マルファンの法則ルイの法則

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone