如何な事(読み)イカナコト

デジタル大辞泉の解説

いかな‐こと【如何な事】

[連語]
(感動詞的に用いて)驚きの気持ちを表す。どうしたこと。何としたこと。「これは如何な事
(あとに打消しの語を伴い副詞的に用いて)強く否定する気持ちを表す。どうしても。
「―幕府を佐(たす)けなければならぬとか云うような事を考えたことがない」〈福沢福翁自伝

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

いかな【如何な】 事(こと)

① 驚き、意外の意を表わす。「これはいかなこと」の形で、感動表現に用いることが多い。どうしたこと。思いもよらぬこと。とんでもないこと。あきれたこと。
※史記抄(1477)三「さるほどに、鄭が口惜く思て、入滑とて打入たに、王の方からいかな事とて使をやられたほどに其使をなんてうとて囚たぞ」
② (連用修飾語として、あとに否定表現を伴って用いる) どんなことがあっても。どうしても。てんで。
※浮世草子・世間胸算用(1692)一「春の用意とて、いかな事、餠ひとつ小鰯(ごまめ)一疋もなし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android