妙音菩薩(読み)みょうおんぼさつ

精選版 日本国語大辞典「妙音菩薩」の解説

みょうおん‐ぼさつ メウオン‥【妙音菩薩】

仏語。
[一] 法華経妙音菩薩品に見える菩薩の名。東方の一切浄光荘厳国から法華経の説法の場である霊鷲山(りょうじゅせん)に来て釈迦仏を礼拝したとされ、妙音で十方世界に教えを広めるという。
今昔(1120頃か)一二「は妙音菩薩の現じ給ふ蓮花也」 〔法華玄賛‐一〇末〕
[二] 密教では、文殊の一つ、五字文殊の異名。五髻の童子形で、胎蔵界文殊院に配する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「妙音菩薩」の解説

みょうおん‐ぼさつ〔メウオン‐〕【妙音菩薩】

東方の一切浄光荘厳国に住み、霊鷲山りょうじゅせんに来て法華経を聴聞した菩薩。美しい声で十方じっぽう世界に教えを広めるという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android