妙音菩薩(読み)ミョウオンボサツ

大辞林 第三版の解説

みょうおんぼさつ【妙音菩薩】

「法華経妙音菩薩品」の主人公。東方の一切浄光荘厳国から釈尊を供養し法華経を聞くために霊鷲山りようじゆせんに来た菩薩。
密教で、文殊菩薩の異名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

みょうおん‐ぼさつ メウオン‥【妙音菩薩】

仏語。
[一] 法華経の妙音菩薩品に見える菩薩の名。東方の一切浄光荘厳国から法華経の説法の場である霊鷲山(りょうじゅせん)に来て釈迦仏を礼拝したとされ、妙音で十方世界に教えを広めるという。
※今昔(1120頃か)一二「此は妙音菩薩の現じ給ふ蓮花也」 〔法華玄賛‐一〇末〕
[二] 密教では、文殊の一つ、五字文殊の異名。五髻の童子形で、胎蔵界文殊院に配する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android