釈迦仏(読み)さかぼとけ

精選版 日本国語大辞典「釈迦仏」の解説

さか‐ぼとけ【釈迦仏】

(「さ」は「しゃ」の直音表記) 仏教の始祖である釈迦牟尼(しゃかむに)を敬っていう語。また、その像。
※枕(10C終)二〇八「霊山は釈迦仏(さかぼとけ)の御住みかなるがあはれなるなり」

しゃか‐ぶつ【釈迦仏】

※続日本紀‐天平九年(737)三月丁丑「毎国令釈迦仏像一躯、挟侍菩薩二躯、兼写大般若経一部

しゃか‐ほとけ【釈迦仏】

※承応版狭衣物語(1069‐77頃か)三「さるべくこそ、釈迦仏(シャカホトケ)も三途をも出でひにけれ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「釈迦仏」の解説

しゃか‐ぶつ【釈迦仏】

釈迦牟尼むに尊称釈迦牟尼仏

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android