コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文殊 モンジュ

デジタル大辞泉の解説

もんじゅ【文殊】

文殊菩薩(ぼさつ)」に同じ。

もんじゅ[高速増殖炉]

福井県の敦賀半島北端部にある日本原子力研究開発機構高速増殖炉。高速の中性子によって燃料のプルトニウムを増殖し、ナトリウムで冷却する、国産の発電用高速増殖原型炉。発電プラントとしての信頼性の実証と、ナトリウム取り扱い技術の確立を目的として建設された。平成3年(1991)5月に完成し、平成6年(1994)4月に初臨界を達成、翌年8月から発電を開始した。電気出力は28万キロワット。名称は文殊菩薩に由来。正式名称は高速増殖原型炉もんじゅ。→ふげん原子力発電所補説
[補説]2050年頃から商業ベースでの導入を目指すも、平成7年(1995)12月、ナトリウム漏えい事故が発生して運転停止。平成22年(2010)5月に性能試験を再開したが、同年8月、炉内中継装置の落下事故により再度運転停止。平成25年(2013)5月、原子力規制委員会より運転準備中止命令が出され、平成28年(2016)12月に廃炉が決定した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

文殊【もんじゅ】

仏教の菩薩(ぼさつ)。サンスクリットのマンジュシュリーの音写。文殊師利とも。妙徳・妙吉祥と漢訳。普賢(ふげん)が慈悲を表すのに対し,智慧(ちえ)を表し,釈迦の左の脇士。
→関連項目僧堂

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

もんじゅ【文殊】

菩薩の一。サンスクリット語マンジュシュリーMañjuśrīの音訳〈文殊師利〉の略称。〈妙吉祥〉と意訳する。もと実在した人らしく,《文殊師利般涅槃経》にその伝が述べられている。般若思想に関係が深く,大乗諸経典に菩薩の上位者として登場する。普賢(ふげん)と組み合わされ,普賢が行(ぎよう)を象徴し,白象に乗るのに対し,文殊は知を象徴し,獅子に乗る。《華厳経》に文殊の住処は東北方にあるという文句があり,中国の五台山にあてる説が生まれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

もんじゅ【文殊】

文殊菩薩」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

文殊の関連キーワード大阪府堺市西区上野芝向ヶ丘町福島県いわき市四倉町薬王寺兵庫県神戸市西区櫨谷町谷口大分県国東市国東町大恩寺山形県東置賜郡高畠町亀岡長野県上田市鹿教湯温泉三人寄れば文殊の知恵奈良県桜井市阿部亀岡文殊堂文殊の知恵文殊八字法泰善(1)三世の覚母安倍文殊院世知弁坊三世覚母八大菩薩金色世界稚児文殊甲州盆唄

文殊の関連情報