姉こ(読み)あねこ

  • あんこ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「こ」は接尾語)
※尾張国熱田太神宮縁記(鎌倉初か)「日本武尊、於甲斐坂折宮、有宮酢媛、即歌曰、阿由知何多、比加禰阿禰古(アネコ)波、和例許牟止止許佐留良牟也、阿波礼阿禰古(アネコ)乎」
〘名〙 (「あねこ」の変化した語) 娘。島娘。
※伊豆の踊子(1926)〈川端康成〉一「この前連れてゐた子がもうこんなになったのかい。いい娘(アンコ)になって、お前さんも結構だよ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android