コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姚燧 ようすいYao Sui

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

姚燧
ようすい
Yao Sui

[生]端平3(1236)
[没]至大4(1311)
中国,元の文学者。洛陽 (河南省) の人。字,端甫。号,牧庵。官は翰林学士承旨にいたった。『世祖実録』を編集。文は韓愈を宗として雄深雅健と評され,碑誌の作がすこぶる多い。元代散文作家として虞集と並び称される。著書『牧庵集』 (36巻) ,『西林日記』 (1巻) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

姚燧の関連キーワード李斉賢文学者河南省洛陽至大韓愈

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android