コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バトゥ バトゥBat

翻訳|Bat

2件 の用語解説(バトゥの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

バトゥ(Bat)

[1207~1255]キプチャク‐ハン国の祖。チンギス=ハンの孫。父ジュチの死後、所領を継承。1236年から1242年まで西征軍を率いてヨーロッパを脅かし、ロシア全土を平定、ボルガ川下流のサライを都としてハン国を建てた。
[補説]「抜都」とも書く。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

バトゥ【抜都】

1207~1255) キプチャク汗国の祖(在位1227~1255)。チンギス-ハンの孫。1236年西征軍の総司令官となり、ロシアを征服、ポーランド・ドイツを攻めハンガリーに侵入。ボルガ河畔のサライに都した。バツ。 〔「抜都」とも書く〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

バトゥの関連キーワード抜都道元の母承元マレーシアと日本那岐山ポロンナルワ足利義氏四条隆衡平経高平時継

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バトゥの関連情報