コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陸秀夫 りくしゅうふ Lu Xiu-fu; Lu Hsiu-fu

3件 の用語解説(陸秀夫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陸秀夫
りくしゅうふ
Lu Xiu-fu; Lu Hsiu-fu

[生]端平3(1236)
[没]祥興2(1279).2.6.
中国,南宋末の宰相。楚州塩城 (江蘇省) の人。字は君実。景定1 (1260) 年の進士。徳祐1 (75) 年宋軍が元軍のため敗れ,多くの属僚が逃亡したが,彼はとどまって司農寺丞に任じられ,さらに宗正少卿兼権起居舎人となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りく‐しゅうふ〔‐シウフ〕【陸秀夫】

[1236~1279]中国、南宋末の忠臣。字(あざな)は君実。塩城(江蘇省)の人。の恭宗がに下ったあと、張世傑らと子の益王(瑞宗)を擁して戦い、その没後は衛王を奉じて崖山(広東省)に移ったが敗れて衛王とともに入水(じゅすい)した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

りくしゅうふ【陸秀夫】

1236~1279) 中国、南宋末の政治家。字あざなは君実。1276年元軍に抗して張世傑らと端宗を擁立。端宗の死後、崖山がいさんの戦いに敗れ、幼い昺へい帝を背負って海に投じた。忠臣として知られる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の陸秀夫の言及

【崖山の戦】より

…元の侵攻で,1276年(景炎1)国都臨安を明け渡した宋王朝の一部は,張世傑や文天祥らに支持され,福建,広東と逃げまわって再起をはかった。78年(祥興1)8歳の衛王趙(ちようへい)を擁立した張世傑らは崖山で元将張弘範の大軍を迎え撃ったが敗れ,陸秀夫(1236‐79)が,平家壇ノ浦の戦そのままに趙を背負って海中にとびこみ,300年の宋王朝は幕を閉じた。【梅原 郁】。…

※「陸秀夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

陸秀夫の関連キーワード階乗基底エヌ没・歿勃・歿・没三角数n-3脂肪酸べき根(冪根)Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone