姫御子(読み)ヒメミコ

デジタル大辞泉の解説

ひめ‐みこ【姫御子】

内親王。皇女
「天皇大連(おほむらじ)にみことのりして、女子を以て―と為して」〈雄略紀〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ひめ‐みこ【姫御子】

〘名〙 天皇のむすめ。皇女。内親王姫宮
書紀(720)雄略元年三月(前田本訓)「天皇大連に命(みことのり)して女子を以て皇女(ヒメミコ)と為て母(いろは)を以て妃と為」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android