姿を消す(読み)すがたをけす

精選版 日本国語大辞典「姿を消す」の解説

すがた【姿】 を 消(け)

いなくなる。どこへ行ったかわからなくなる。比喩的に、今まで存在した事情事柄がすっかりなくなる。
※故旧忘れ得べき(1935‐36)〈高見順〉八「民衆ことごとくの頭のどこかにひそんでゐた事情が今日では全く姿を消してゐる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「姿を消す」の解説

姿すがた・す

見えなくなる。行方がわからなくなる。「大金を持って―・す」
今まで存在した物事がすっかりなくなる。「下町情緒が―・す」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android