嫌厭(読み)けんえん

精選版 日本国語大辞典「嫌厭」の解説

けん‐えん【嫌厭】

〙 きらっていやがること。いやになること。
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉五「阿姉(〈注〉ねいさん)に嫌厭(〈注〉フラレテ)されて、鼻汁郎と為る者は」
※雲のゆき来(1965)〈中村真一郎〉三「批評家の態度に対しては、嫌厭(ケンエン)の情を禁じ得なかった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「嫌厭」の解説

けん‐えん【嫌×厭】

[名](スル)きらっていやがること。嫌悪。「嫌厭の情」「蛇蝎(だかつ)のごとく嫌厭する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android