コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嫌酒薬 ケンシュヤク

3件 の用語解説(嫌酒薬の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けんしゅ‐やく【嫌酒薬】

アルコール中間代謝産物のアセトアルデヒドを分解する酵素の働きを阻害する薬。これを服用後に飲酒すると、強い不快感が起こるので、アルコール依存症の治療に用いる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

けんしゅやく【嫌酒薬】

慢性アルコール中毒の治療薬の一。アルコールを解毒する酵素の働きを抑制し、酒に対する嫌悪感を生じさせるもの。抗酒薬。禁酒薬。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

嫌酒薬
けんしゅやく

酒の嫌いになる薬で、抗酒薬あるいは禁酒薬ともいう。アルコールを解毒する酵素の働きを阻害して苦痛を与え、酒に対する嫌悪感を生じさせて禁酒に導くところから、アルコール依存症の治療に用いられる。ジスルフィラム(「アンタブス」、「ノックビン」)、シアナミドの二つがある。ゴムの製造工場で働く者が、飲酒による吐き気、嘔吐(おうと)、脈拍増加など急性アルコール中毒に似る症状を呈したことから、その原因がジスルフィラムであることがわかり、嫌酒薬として治療に用いられるようになった。ジスルフィラムが、アルコールから生じたアセトアルデヒドを分解するアルデヒド酸化酵素を抑制し、体内にアセトアルデヒドが蓄積されて中毒症状をおこすためである。1日100~500ミリグラムを1~3回に分けて内服し、1週間は禁酒する。以後はごく少量の酒を飲んでも激しい酔いが生じ酒を飲めなくなる。高血圧、低血圧、糖尿病のほか、心臓、腎臓(じんぞう)、肝臓に障害のある者には禁忌である。シアナミドはジスルフィラムより作用が弱く反応時間も短い。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の嫌酒薬の言及

【断酒薬】より

…酒を嫌いにさせる薬で,嫌酒薬ともいう。この薬をあらかじめ投与しておくと,アルコールに対する反応が異常になって不快な症状に苦しむため,慢性アルコール中毒患者が酒をやめたいと望む気持ちを強化してくれる。…

※「嫌酒薬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

嫌酒薬の関連キーワードアセトアルデヒド代謝中間体パラアルデヒドアセトアセチルCoA代謝産物中間代謝中間代謝物質アルコールの分解とその仕組みアセトアルデヒド脱水酵素ALDH

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone