コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子会社上場 こがいしゃじょうじょう initial public offering

翻訳|initial public offering

1件 の用語解説(子会社上場の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

子会社上場

子会社の株式公開によって、収益貢献につながるキャピタルゲイン(株式売却益)が得られ、業績向上が図られることが少なくない。しかし、同時に、子会社に対する親会社の持ち分比率いかんで経営権が低下したり、親会社と子会社の株主の利益が相反する事態が生じる。 利益相反の発生による企業経営の機能不全を回避する意図から100%出資の完全子会社化が選択されるが、より少ない資本でより多くの企業を支配するという観点からは資本節約機能が充足されないことになる。実質的支配を保持しながら子会社の飛躍的成長を図る、さらには完全分離し子会社独自の成長・発展を追求するという積極的な狙いから子会社の株式公開がなされもする。

(高橋宏幸 中央大学教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

子会社上場の関連キーワード株式交換人的分割株式公開買付公開会社株式公開支援株式公開買い付け(TOB)仮条件締め出し合併スクイーズアウト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

子会社上場の関連情報