コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子宮頸管裂傷 しきゅうけいかんれっしょうCervical Laceration

家庭医学館の解説

しきゅうけいかんれっしょう【子宮頸管裂傷 Cervical Laceration】

[どんな病気か]
 子宮の出口に近い部分を頸管といい、妊娠中はほぼ閉じた状態ですが、分娩(ぶんべん)時には胎児(たいじ)が通過する産道(さんどう)になるため、十分に拡大されます。
 しかし、巨大児の分娩のために頸管が過度に広げられた場合や、吸引(きゅういん)分娩、鉗子(かんし)分娩によって頸管が急激に広げられた場合に裂けてしまうことがあり、これを子宮頸管裂傷といいます。
 また、頸管が十分に拡大しないうちに、急に分娩が進んだときにもおこります。
[治療]
 小さい裂傷の場合は、とくに治療の必要はありません。
 大きな裂傷の場合、とくに頸管の左右側壁(そくへき)は血管が走っているため、ここが大きく裂けると、多量の出血をおこすことがあります。また、出血がなくても、つぎの妊娠の際に流産(りゅうざん)や早産(そうざん)の原因となることもあります。
 ですから、裂傷部位を縫合(ほうごう)することが必要となります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android