子曰く(読み)しいわく

  • 曰(いわ・のたまわ)く

精選版 日本国語大辞典の解説

① (「論語」の各章句のはじめのことば。「孔子がおっしゃることには」の意から) 論語、儒学などの意。また一般に漢籍をいう。
※俳諧・誹讔三十棒(1771)「おまへは、子曰(シノタマハク)もよめるさうなが」
② 格言などに添えて由緒ありげに言うことば。
※人情本・柳之横櫛(1853頃)五「子曰(シノタマワク)の偏屈は西の海へさらりと捨(すて)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

子曰くの関連情報