コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

存亡の機(読み)ソンボウノキ

デジタル大辞泉の解説

そんぼう‐の‐き〔ソンバウ‐〕【存亡の機】

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。
[補説]文化庁が発表した平成28年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「存亡の」を使う人が6.6パーセント、本来の言い方ではない「存亡の危機」を使う人が83.0パーセントという逆転した結果が出ている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そんぼうのき【存亡の機】

存亡の分かれ目となる重大な時機。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

存亡の機の関連情報