時機(読み)じき

精選版 日本国語大辞典「時機」の解説

じ‐き【時機】

〘名〙
① ある事を行なうのに適当な機会。時宜。機会。チャンス。
※貞享版沙石集(1283)四「内証はみな真如の一理を通達し、外有の時機を引入する方便」 〔魏徴‐李密墓誌銘〕
② 仏語。時と人。時代と人間。また、正法・像法・末法などの時と、そのそれぞれの時に応じた資質の衆生。〔往生要集(984‐985)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「時機」の解説

じ‐き【時機】

何かを行うのによい機会。しおどき。しお。「時機を見て行動する」「時機到来」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android