コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

時機 ジキ

デジタル大辞泉の解説

じ‐き【時機】

何かを行うのによい機会。しおどき。しお。「時機を見て行動する」「時機到来」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じき【時機】

あることをするのに適したとき。しおどき。適当な機会。チャンス。 「 -到来」 「 -を失う」 〔同音語の「時期」は単に物事を行う時、また、期間・時節のことであるが、それに対して「時機」はあることをするのにちょうど良い時をいう〕
[句項目] 時機に投ずる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

時機の関連キーワード喧嘩過ぎての棒千切り争い果ててのちぎり木生まれた後の早め薬逢うた時に笠を脱げ引き潮時・引潮時グッドタイミング機に臨み変に応ず手遅れ・手後れ証文の出し後れ果報は寝て待て遅きに失する今となってはタイミング機が熟する呼吸を計る遅れ馳せ後れ馳せ時刻外れ見切り時熟柿主義

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

時機の関連情報