時機(読み)じき

精選版 日本国語大辞典「時機」の解説

じ‐き【時機】

〘名〙
① ある事を行なうのに適当な機会時宜。機会。チャンス。
※貞享版沙石集(1283)四「内証はみな真如の一理を通達し、外有の機を引入する方便」 〔魏徴‐李密墓誌銘〕
② 仏語。時と人。時代と人間。また、正法・像法・末法などの時と、そのそれぞれの時に応じた資質の衆生。〔往生要集(984‐985)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「時機」の解説

じ‐き【時機】

何かを行うのによい機会。しどき。しお。「時機を見て行動する」「時機到来」
[類語]機会チャンス好機時節頃合い頃おいときおり機運潮時しおどき潮合い時宜機宜好期適期時分時分時商機勝機戦機千載一遇タイミング

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「時機」の解説

【時機】じき

機会。時宜に投ずる。唐・杜鶴〔従叔に寄す〕 と爲らば皆立つべきも 自(おのづか)ら是れ時に拙なり

字通「時」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android