コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

存続絨毛症 そんぞくじゅうもうしょう

1件 の用語解説(存続絨毛症の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

そんぞくじゅうもうしょう【存続絨毛症】

 胞状奇胎(ほうじょうきたい)を含む妊娠後、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)の数値が持続して高く、絨毛がんや侵入胞状奇胎が疑われる検査成績がみられるにもかかわらず、組織の採取ができなかったり、病巣がはっきりしないものを総称して、存続絨毛症といいます。
 治療は、絨毛がん(「絨毛がん」)や侵入胞状奇胎(「胞状奇胎」)に準じて行ないます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

存続絨毛症の関連キーワード胞状奇胎鬼胎豊饒違法状態国防情報局葡萄状鬼胎放生池細胞状ボーキサイト細胞状ドロマイト北条氏宗

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone