コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

存続絨毛症 そんぞくじゅうもうしょう

家庭医学館の解説

そんぞくじゅうもうしょう【存続絨毛症】

 胞状奇胎(ほうじょうきたい)を含む妊娠後、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)の数値が持続して高く、絨毛がんや侵入胞状奇胎が疑われる検査成績がみられるにもかかわらず、組織の採取ができなかったり、病巣がはっきりしないものを総称して、存続絨毛症といいます。
 治療は、絨毛がん(「絨毛がん」)や侵入胞状奇胎(「胞状奇胎」)に準じて行ないます。

出典 小学館家庭医学館について 情報

存続絨毛症の関連キーワード絨毛性疾患の種類

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android