コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孤弱 コジャク

デジタル大辞泉の解説

こ‐じゃく【孤弱】

[名・形動]幼くて身寄りがないこと。また、そのさまや、その人。
「彼らの―を憐れんで」〈中島敦山月記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こじゃく【孤弱】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
ひとりぼっちで寄る辺なくか弱い・こと(さま)。 「幼にして-なるを奇貨とし/佳人之奇遇 散士
幼くて、みなし子であること。 「頼朝-の流人として/読本・弓張月

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

孤弱の関連キーワード下村 観山身寄り弓張月散士

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android