孤弱(読み)コジャク

大辞林 第三版の解説

こじゃく【孤弱】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
ひとりぼっちで寄る辺なくか弱い・こと(さま)。 「幼にして-なるを奇貨とし/佳人之奇遇 散士
幼くて、みなし子であること。 「頼朝-の流人として/読本・弓張月

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こ‐じゃく【孤弱】

〘名〙 (形動)
① 幼くて、みなしごであること。たよる人がなくてか弱いこと。また、そのような人やさま。
江都督納言願文集(平安後)三「愍此孤弱之身、施以猶子之愛」 〔史記‐主父偃伝〕
② 組織や機構などが弱体であること。
※万朝報‐明治三六年(1903)一〇月一一日「清帝の政府が孤弱にして寸分の抗拒力なきに乗じ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android