コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万朝報 まんちょうほう

8件 の用語解説(万朝報の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

万朝報
まんちょうほう

「万朝報 (よろずちょうほう)」のページをご覧ください。

万朝報
よろずちょうほう

明治から昭和にかけての東京の日刊新聞。 1892年 11月黒岩涙香が創刊。「一に簡単,二に明瞭,三に痛快」の編集方針のもとに上流社会スキャンダル記事や娯楽記事,涙香の小説で江戸っ子の人気を博した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

まんちょうほう〔マンテウホウ〕【万朝報】

よろずちょうほう

よろずちょうほう〔よろづテウホウ〕【万朝報】

日刊新聞の一。明治25年(1892)黒岩涙香が東京で創刊。社会記事や翻案小説などを載せ発展。内村鑑三幸徳秋水堺利彦らが加わり、社会批判を展開し、日露開戦前には一時非戦論を主張。昭和15年(1940)「東京毎夕新聞」に合併された。まんちょうほう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

万朝報【よろずちょうほう】

1892年黒岩涙香が東京で創刊した日刊新聞。簡潔・多彩な記事,社会正義に根ざした態度と涙香の翻訳小説で発展し,1893年に再刊の《絵入自由新聞》を合併。日露戦争開戦前,社が主戦論に傾いたため幸徳秋水堺利彦内村鑑三ら非戦論者は退社した。
→関連項目赤新聞古島一雄斎藤緑雨将棋新聞田口掬汀反戦運動非戦論平民社平民新聞連珠

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

よろずちょうほう【万朝報】

1892年11月,黒岩涙香(周六)によって創刊された新聞。93年に山田藤吉郎の経営していた《絵入自由新聞》(1882年9月創刊)と合併し,以後は黒岩が編集を,山田が経営実務を担当した。編集綱領は〈一に簡単,二に明瞭,三に痛快〉にあったとされるが,小型4ページの紙面に盛りこまれた多様な雑報記事,黒岩の翻案探偵小説の連載などを売物とした。とくに相馬事件や〈蓄妾の実例〉などの上流社会の内幕暴露,醜聞摘発のセンセーショナルキャンペーンによって都市中・下流層の人気を博した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

まんちょうほう【万朝報】

よろずちょうほう【万朝報】

1892年(明治25)黒岩涙香が東京で創刊した日刊新聞。社会記事により読者を拡大。幸徳秋水・堺利彦・内村鑑三らが参加。藩閥批判・非戦論を唱えたが、日露開戦をめぐって、非戦論・開戦論で社内が分裂、幸徳・内村ら非戦論者は退社。1940年(昭和15)「東京毎夕新聞」に合併。まんちょうほう。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の万朝報の言及

【赤新聞】より

…明治20年代の後半に東京の商業新聞がはげしい販売競争を演じたとき,つやだねや暴露記事で売行きの増大をはかった新聞を赤新聞といった。1892年黒岩涙香の創刊した《万朝報》が〈娯楽的毒舌新聞〉(正岡芸陽の言葉)として売り出したのがその最初で,同紙が淡紅色の用紙だったことからこの名が生まれたともいう。昭和の初め《読売新聞》が正力松太郎新社長のもとで部数を増していったころにも,新聞界の一部にこれと似たセンセーショナリズムの傾向が見られた。…

【黒岩涙香】より

…北海道開拓使長官黒田清隆の官有物払下げを攻撃した記事を執筆した理由で1883年投獄されて労役に服す。西洋小説の翻案で名をあげ,92年《万朝報(よろずちようほう)》を創刊。他紙が1銭5厘のところを1銭とし,特定政党や企業の世話にならず,広く売れることによって独立の報道をなしうる大衆新聞を作った。…

【ジャーナリズム】より

…《日本人》は高島炭鉱の坑夫の労働条件の過酷さを訴えて,いわゆるルポルタージュの先駆となり,《日本》は正岡子規の俳句再興の舞台となって国民的なひろがりをもつ短詩型文芸慣習を定位するなど,日本の近代文学に貢献した。また黒岩涙香の《万朝報》や秋山定輔の《二六新報》は,それぞれに政・財界人のめかけ囲いを暴露したり,民営タバコのもうけがしらの私行をあばいたり,吉原の娼妓を解放したりなどしてセンセーショナルな紙面構成をはかり,廉価なこととあいまって大衆的な新聞となった。とくに《万朝報》の用紙がうす桃色だったこともあって赤新聞とさげすまれたが,これは既成体制の選良層が放ったものであった。…

【新聞】より

…以下,日本の新聞社を標準として述べる。
[編集]
 新聞社の多くは社是または編集綱領をもち,これにのっとって編集を行うことになっているが,かつての《万(よろず)朝報》の〈一に簡単,二に明瞭,三に痛快〉のような個性的な編集綱領は現在はほとんどなく,不偏不党,真実の追求など抽象的,一般的なことを掲げたものが多くなっている。編集とは,狭義では記事を取捨選択し,紙面にレイアウトすることだが,日本の新聞ではこれを整理といい,通常は,編集とはもっと広く広告欄を除く紙面のニュース,読みもの,論評などいっさいを取材し,執筆し,整理する意味で使われる。…

※「万朝報」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

万朝報の関連キーワード黒岩涙香都新聞都の花黒岩モンテクリスト伯レミゼラブル高知県安芸市川北甲伊藤秀雄弘田知秋黒岩周六

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

万朝報の関連情報