コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

学生納付特例制度 がくせいのうふとくれいせいど

1件 の用語解説(学生納付特例制度の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

学生納付特例制度

20歳以上の学生は、所得が一定以下なら学生時代には保険料の納付を必要とせず、後から追納できる制度。2000年の年金改正で導入。学生については1991年度から国民年金への加入が義務づけられたが、収入のない学生の場合は、保険料を親が払っていることが多かった。このため00年の改革で学生本人の収入が年間133万円までならば、申請によって保険料納付は猶予されるようにした。この場合、受給資格期間(受給には最低25年間必要)には算入され、10年以内に保険料を支払った場合は、満額の基礎年金が受けられるが、追納しない場合は減額される。

(梶本章 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

学生納付特例制度の関連情報