孵化酵素(読み)ふかこうそ(英語表記)hatching enzyme

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

孵化酵素
ふかこうそ
hatching enzyme

ある種の動物の孵化の際,胚の細胞から分泌される卵膜を溶かす酵素。蛋白質分解酵素から成る。ウニでは胞胚の細胞,イモリでは幼生頭部にある前額腺,メダカでは幼生の内胚葉性巨大細胞から分泌される。精製が進み,結晶化されているもの (ムラサキウニ) もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる