コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蛋白質分解酵素 たんぱくしつぶんかいこうそproteolytic enzyme

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蛋白質分解酵素
たんぱくしつぶんかいこうそ
proteolytic enzyme

プロテアーゼ proteaseともいう。蛋白質を構成するペプチド結合 ( -CO-NH- ) を加水分解する酵素。広く生物界に存在するが,(1) 狭義の蛋白質分解酵素 (プロテイナーゼ) ,(2) 合成オリゴペプチドなども分解するペプチダーゼ,(3) 蛋白質のアミノ末端 (あるいはカルボキシル末端) から分解するアミノ (あるいはカルボキシ) ペプチダーゼ,(4) 蛋白質分子の中央部分から切断を行うエンドペプチダーゼなど,各種の区分法がある。個々のプロテアーゼとして著名なものは動物では胃液中のペプシン膵液中のトリプシンやキモトリプシン,植物ではパパイア乳液中のパパイン,パイナップル乳液中のブロメライン,イチジク乳液中のフィシン,微生物起源のナガーゼ,プロナーゼなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

蛋白質分解酵素の関連キーワードコラゲナーゼビュートリヒたんぱく質トロンビンプラスミンレンニン自己分解孵化酵素セリン腸液

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android